Kamakura-An’s diary

鎌倉への転居を機にブログも心機一転

海外トレッキング

2013年4月、5年間の上海生活を終えて日本に戻ったとき、家内がトレッキングをやってみたいと言ってくれました。小生も以前から山に行ってみたかったので、天命(50歳)を目前にしてトレッキングを始めることに。

最初は関東周辺で日帰りトレッキングを楽しんでいたのですが、そのうち海外旅行とトレッキングが兼ねられたら。。。と思っていたところ、そのきっかけ(Vol.1 グレイシャー国立公園)が到来。以来、海外トレッキングにはまってしまいます。とはいえ、サラリーマンの身、経済的にも時間的にもそうそう頻繁に出かけられるわけではありませんので実績はまだまだです。

ハードルが高そうな海外トレッキングですが、思い切ってチャレンジしてみると何とかなるものです(これまでのところは)。いずれのトレッキングもコースの選定から交通手段(飛行機・列車・レンタカー)や宿泊施設の手配まですべて自身でやっているのでその経験を記せればと思います。

元々は別のブログサイトでトレッキングの記録を公開していたのですが、そのサイトが閉鎖になるのを機に、海外トレッキングに挑戦してみたい方の参考になればと思い再編集しました。わかりにくい点などのご指摘やご質問、改善すべき点などのご意見がありましたらぜひお寄せください。

まずは、海外トレッキングに出発するまでの準備編(一般論)です。

Step 1 行きたいところをみつける/どこに行くかを決める・・・これが最初のステップであることはいうまでもありません。テレビやネットをみて行ってみたいと思ったところ、友人や知人の話を聞いて行きたいと思ったところ、子どものときからの憧れなどなど動機はさまざま。行きたいところはとくにないけど、漠然と海外トレッキングがしてみたいと思っている方は小生のこのブログを参考にしてもらえれば幸いです。参考までに小生と家内の体力・経験レベルは、ハーフマラソンや30キロ程度のトレイルランは制限時間内に完走、1日15キロ程度のトレッキングはまったく問題なし、雪山やロッククライミングは未経験という感じです。なお、2020年1月時点で小生は55歳、家内は48歳です。

余談ですが、一度、トレッキングで訪れると「来年もまたここに来よう!」と思うのですが、いざ次の計画を立てる段になると、ついつい違うところに行ってしまいたくなるのが節操のないところです。

Step 2 情報収集①・・・行きたいところがみつかれば次は情報収集です。どのような情報を収集するのかといえば、『本当に行きたいところかどうか』ということを確認するための情報です。ガイドブックなどで情報収集ができれば一番簡単なのですが、海外トレッキングとなるとそれほど詳しいガイドブックはあまりありません。このため他人のブログや現地政府機関などのWebサイト、後述するoutdooractiveなどトレッキング専門サイトで情報収集が中心になります。ただし、英語のみのものも多いので、その場合は日本人(日本語)のブログをみて情報収集するのがいいでしょう。ただし、このとき複数のブログをみて、できるだけ客観的な情報を収集することがポイントです。また、ルートのコンディション(閉鎖状況)やルール(混雑時のトレッキング方向など)、アクセス(バスの時刻表)などは現地公式Webサイトなどで最新情報を確認しておくようにしましょう。

Step 3 情報収集②・・・本当に行きたいところがみつかれば、次は『本当に行けるかどうか』の見極めをするための情報収集です。このためにはやはりoutdooractiveというトレッキング専門サイトがとてもおススメです(残念ながら、2020年1月現在、日本語はありません)。

f:id:Kamakura-An:20191230221632p:plain

outdooracitve ホームページ

このサイトの上部にある“Routes”から“Route Finder”を選んで、行きたい地名などを入力するとその地域にあるトレッキングルートの一覧が表示されます。メジャーな地域だと、表示されるルートが多すぎて迷うかもしれませんが、ルートごとに次のような目安や見どころ(景観スポット)などが記されています。

 Difficulty(難易度)

 Distance(距離・道のり)

 Duration(標準所要時間) 

 Ascent/Descent(上り/下り:高低差)

小生の場合、難易度(あくまでも投稿者の主観ですが)はだいたい “moderate(ふつう)” を選びます。所要時間は適度に休憩をとったときの時間とほぼ同じ。距離(道のり)もきわめて正確でGPS付腕時計での計測値と一致します。

Step 4 トレッキングの形態と日程の検討・・・Step 3と並行作業になりますが、次のいずれのトレッキング形態にするのかということと、何日間必要なのか(滞在するのか)を検討します。

 ⅰ)1か所の宿泊施設(ホテル)をベースにして日帰りトレッキングを楽しむ

 ⅱ)リュックを担ぎながら移動して長距離トレッキングを楽しむ

ⅰ)だと、天候や体調に合わせてその日の予定が決められるので、海外トレッキング初心者にはおススメです。小生自身、ⅱ)は2020年夏に初めて挑戦の予定です。

Step 5 交通手段・宿泊施設の手配・・・日程が決まれば、希望の時期に飛行機や宿泊施設(とくに山小屋の場合)が確保できるかを確認します。もし確保できないようであれば、日程や時期を変えなければなりません。飛行機は航空会社のWebサイトや旅行会社で予約できますが、宿泊施設については、たとえば、国立公園内などの場合、所定のWebサイトでしか予約できないケースがしばしばあります。この場合、Step2に記したWebサイドなどから予約サイトをみつけて予約するしかありません(旅行会社は通常、予約代行をしてくれないと思われます)。また、山小屋など人気の宿泊施設の場合は、半年以上前から予約しないと、とれないケースもあります。さらに、場所によっては列車やバス、レンタカーの予約も必要になります。面倒ですが、これもまたセルフ海外トレッキングの楽しみの一つです。なお、標高が高いところをベースにする場合(小生の場合、おおむね2,000mが目安)、午前中には現地(宿泊施設)に着いて、午後は身体を高地に慣らすようにした方がいいでしょう。

Step 6 トレッキングルートの設定と地図の作成・・・手配が完了すれば、次はトレッキングルートの設定と地図の作成です。小生の場合、出発前の一番楽しい時間です(家内に言わせるとこのときが一番イキイキしているらしい)。これも最近は、もっぱら outdooracitive を利用しています。Step 2の“Route Finder”で行きたいルートを選んでもいいし、同じく“Routes”の“Route Planner”で地図上のルートをみながら、自身で決めることもできます。小生の場合、ここで作成したコースルートを、①プリントアウト(紙の地図)、②PDFにしてスマホに保存(スマホ地図)、③GPX化して腕時計に保存、の3種類を1セットとして用意します。

Step 7 いざ出発、その前に・・・手配が整えば、あとはトレッキングの準備を整えて出発を待つだけです。トレッキングに必要なものは基本、持参していくのが小生流ですが、機内に持ち込めないもの(預けることができないもの)は現地調達するしかありませんので、現地で調達できるかどうかの確認が必要です。しかし、メジャーなトレッキング地だと必要なものが調達できるショップがあります。ただし、シューズはサイズが合わない可能性があるので注意が必要です。また、トレッキングポールはほとんどの航空会社で機内持ち込みができないので、折り畳んで預け荷物に収納できるものがいいでしょう。加えて、列車やバスでの移動がある場合、スーツケースはおススメできません。小生の場合、大きなリュック(背中)と小さなリュック(胸)が基本スタイルです。

 

これまでに訪れたところ:

Vol. 0 ウルル(エアーズロック)/Uluru(Ayers Rock)【オーストラリア】

2007年12月 今はもう登ることができなくなった聖地ウルル(エアーズロック)。本格的にトレッキングを始める前、旅行で訪れたときに登頂。

f:id:Kamakura-An:20191230233941j:plain

Uluru(Ayers Rock)

Vol. 1 グレイシャー国立公園/Glacier National Parkアメリカ・カナダ】

2014年7月 トレッキングを始めて1年ちょっと。北米のグレイシャー国立公園で海外トレッキング・デビュー。グリズリーにばったり出会い、九死に一生を得ながらも海外トレッキングがやめられなくなった。

f:id:Kamakura-An:20191231003820j:plain

Glacier National Park

Vol.1_1/4 位置/旅程/予約(ホテル・フライト・レンタカー)/道路状況と天気予報/Salt Lake City → Kalispell/Kalispell → West Glacier/West Glacier → East Glacier/East Glacier → Many Glacier

Vol.1_2/4 Morining Many Glacier/トレッキング_1_スィフトカレント湖一周(Swifttcurrent Lake Circle around)トレッキング_2_グリンネル氷河(Grinnell Glacier)/Evening Many Glacier

Vol.1_3/4 Morning Many Glacier/Glacier National Park → Waterton Lakes National Park of Canada/トレッキング_3_Bears Hump(クマのこぶ)/Cammeron Lake

Vol.1_4/4 Morning Many Glacier/Many Glacier → Logan Pass/トレッキング_4_ローガンパス(Logan Pass)/Logan Pass → Kalispell

Vol 2. マクリッチ・ネイチャートレイル/Macritchie Nature Trailシンガポール

2016年8月 シンガポール駐在中、山々が恋しくなり、シンガポール島内でトレッキング。これはこれで楽しめた。

f:id:Kamakura-An:20191230235227j:plain

Macritchie Reservoir

Vol. 3 アオラキ / マウントクック国立公園/Aoraki / Mount Cook National Parkニュージーランド(南島)】

2016年11月 冬にどうしてもトレッキングに出かけたくなり、南半球のアオラキ / マウントクック国立公園へ。せっかくのニュージーランド(南島)なのでテカポ湖、ミルフォード・サウンドにも。

f:id:Kamakura-An:20191231000014j:plain

Mount Cook

Vol. 4 チロル/Tirolオーストリア

2017年9月 チロル地方のレッヒ(Lech)、セルデン(Sölden)、フェント(Vent)、オーバーグルグル(Obergurgl)で季節外れの雪に見舞われながらも本格的トレッキング。これでもう海外トレッキングが病みつきに。

f:id:Kamakura-An:20191231001044j:plain

Tirol / Lech

f:id:Kamakura-An:20191231001122j:plain

Tirlo / Vent

Vol. 5 ツェルマット/Zermatt【スイス】

2018年7月 ついに子どもの頃からの憧れマッターホルンに。この雄姿を望みながらのトレッキング。6日間滞在しツェルマットを満喫。

f:id:Kamakura-An:20191231002119j:plain

朝焼けのマッターホルン

f:id:Kamakura-An:20191231002140j:plain

モンテ・ローザと氷河

Vol.7 シャモニ・モンブラン/Chamonix Mont-Blanc【フランス】

2018年7月 ツェルマット(スイス)から列車でシャモニ(フランス)へ移動。ここでも6日間滞在し、モンブランをいろいろな角度から望みならが周辺の山々をトレッキング。とてもぜいたくな時間を過ごした。

f:id:Kamakura-An:20191231003244j:plain

Chamonix Mont-Blanc

f:id:Kamakura-An:20191231003323j:plain

Chamonix Mont-Blanc

Vol. 8 アイスランド(予定)

2020年7月 トレッキングに向け計画中