Kamakura-An’s diary

鎌倉で海と戯れながら、時折、トレッキングにも

鎌倉古寺巡礼・杉本寺

天台宗。山号は大蔵山(だいぞうざん)。開山は行基。鎌倉幕府が開かれる五百年近くも前に建てられた鎌倉最古のお寺。坂東三十三観音霊場の第一番札所。

f:id:Kamakura-An:20210606214113j:plain

立派な茅葺屋根に覆われている本堂

八世紀、関東地方を歩いていた行基が、鎌倉の大蔵山(おおくらやま)から町を眺め、ここに観音像を置こうと決意、自ら彫刻した像を安置しました。

その後、観音様のお告げを受けたという光明皇后が七三四(天平六)年に本堂を建立したといわれています。

寺の前を馬に乗って通ると必ず落馬するというので「下馬観音」とも、また、建長寺の大覚禅師が祈願し、袈裟で観音を覆ったので「覆面観音」との別名も。

【出所】「鎌倉検定公式テキストブック」(かまくら春秋社)より作成。

f:id:Kamakura-An:20210606214208j:plain

美しい苔の階段 六月の雨上がりのあとは深い緑が輝いてみえる

f:id:Kamakura-An:20210606214334j:plain

仁王門 茅葺屋根には苔がきれいに生えている

f:id:Kamakura-An:20210606235156j:plain

二階堂・十二所エリアの主要寺院